本当にやりたいことを見つける方法について

「やりたいことがない」
「やりたいことが分からない」というのは結構きついものです。
何か熱中するものがある人は幸せだし、周りから見ても魅力的で格好良く見えますよね。
今回は、「本当にやりたいことを見つける方法」についてお伝えします。

本当にやりたいことを見つける方法

今回紹介するのは、「パッションテスト」です。情熱テストですね。
自分の【人生の目的や使命】を見つけるのに有効です。
それでは早速やっていきましょう。

(0. 紙とペンを用意する)

まず、現状の自分と未来を切り離すために、
①10年後②したいことが何でもできるほどお金があって③何でもできる知識や能力がある、と想像します!


上記の状態になったつもりで、以下の文章を10個書きましょう!
→「10年後、私は○○をして△△という感情を感じている。」

→○○には…衣食住、趣味、仕事、人間関係、などなど
→△△には…楽しい、充実感、幸せ、ワクワク、解放感、などなど


これが10個書けたら、「ワクワク」するもの上位3つを決めましょう!
→ここでは一対比較法で決めます。つまりは総当たり戦です。

→1番目に書いたものと2番目を比べて、買った方が3番目と比べて…と進めていく方法です。
→面倒くさいかもしれませんが、意外と「8、9、10番目に書いてあるものが上位に来る」ということもあります。
→本気で自分と向き合うためにはそういう所から面倒くさがらずにやることをオススメします。


⒋ 上位3つまで決まったら、「それを達成するためには?」と自分に問いかけましょう!
→達成するのは1年後か2年後という風に考えましょう。
ここで現実と結び合せます!
→現実と繋がったら、あとは「どんな行動を起こしていくか」だけです!

→行動がなかなか出来ないよって方は、「どんな行動をすべきか」ではなく「どんな行動したいか」で考えてみましょう!

 

いかがでしたでしょうか。
ぜひ、紙とペンを持ってやってみましょう。
頭の中で考えるよりも、実際に書き出すということが非常に大事です。

他にも3つほど方法があります

これは長くなってしまうので別の機会か、
僕が毎週開催している心理学セミナーに来て頂ければと思います。
それでは、また!