人が持つ「2つの不安」と「不安から解放される方法」について

 

ふと急に不安を感じたりすることってありますよね。「不安とどう向き合えばいいのか?」という質問もセミナー等で伺うこともあります。僕自身不安感に押し潰されそうになったこともありました。

なので今回は、「不安について」「不安から解放される方法」の話です!

 

まず、「不安について」

不安は大きく分けて2つあります。「漠然とした不安」「はっきりとした不安」です。

 

前者の「漠然とした不安」は、

なんとなく不安だな〜とか、何が不安なのか分からないけど落ち着かない、そわそわした不安ですよね。

 

後者の「はっきりとした不安」は、

行動が結果に繋がってない時や、試行錯誤中に感じる不安ですよね。不安ではあるけども、直面したら対処法がある不安とも言えます。

では、人が多くの場合に感じている不安はどちらなのでしょう?

 

それは、、、

圧倒的に前者の「漠然とした不安」です!

一体何にそんなに怯えているのか?と思うほどに皆不安を抱えていますよね。僕も漠然とした不安に押しつぶされそうになったことがありました。

将来のことや仕事、人間関係、自己実現、お金のこと…人によって色々あると思います。

そして、この「漠然とした不安」は非常に体に悪いです!

不必要なプレッシャーを自分にかけてしまっていたり、情緒不安定になったり、その結果周囲とのコミュニケーションがうまく測れなかったり…。

なので、少しでも「漠然とした不安」から自分を解放させましょう!!!

では不安から自分を解放するにはどんな方法があるのでしょうか?

 

不安から解放される方法の1つは、「不安を見つめきること」です!

「漠然とした不安」から「はっきりとした不安」にすることです!

 

ホラー映画で言えば、おばけや何かが出てくるまでが1番怖いんです。正体がわからないから。

でも正体が分かれば、それは「はっきりとした不安」に変わるわけです。

ホラー映画であるならば、正体が明らかになって「案外こんなものか」と思うか、「やっぱりめちゃめちゃ怖い!」と思うかの2つになりますよね。

で、「やっぱりめちゃめちゃ怖い!」となっても対処法が明確になるわけです。戦うとか逃げるとか。(本当は怖いではなくて、グロいのが嫌なだけだと気づくとか。)

 

明確にするには自分の頭の中から外に出すことが大事!紙に書くとか、言葉にするということです。

ぜひ、行動に移してみましょう!