「あんなこと言わなければ良かった」、「もっとこうしておけば良かった」と思うことってありますよね。「今までに1度も後悔したことがない」という人はいないのではないでしょうか。

後悔にも、身近な後悔から人生全体での後悔とスケールの違いはありますが、今回は「人生における後悔」について話をします!

人が「人生で後悔すること5つ」「後悔のない人生を送る方法」についてです!

 

まず、「人が人生で後悔すること5つ」についてです!これは、実際に「終末期の方」に調査した海外の研究結果です。

①もっと「正直に生きれば」良かった

もっと自分に正直に生きれば良かったと、今の段階でも思う人もあるのではないでしょうか。自分に正直になって、嫌なものを嫌だと言えたり、好きなものを好きだと貫けば良かったなとかそういう後悔ですよね。

 

②「働きすぎなければ」良かった

海外に目を向けると日本人は働きすぎだと言われています。移住しろとか転職しろとかではないですが、プライベートの時間を今よりも少しだけ大切にできると良いですよね。

仕事の悩みなどをプライベートまで引きずってしまうことで、心が休まらない人もいるのではないでしょうか。

 

③大切な人に「思い切って気持ちを伝えれば」良かった

これは、好きな人への愛の告白かもしれませんし、親に対する感謝の気持ちかもしれませんし、不仲になってしまった友人に対しての気持ちかもしれません。

時間は有限ですからね、相手にとっても、自分にとっても。

 

④「友人と連絡を取り続ければ」良かった

昔からの友人と未だに連絡を取ってる人はどれぐらいいるのでしょうか。僕は小学校の友達は0人で、中高も3人ほど、浪人時代は5人で、大学生は6、7人です。

どんどん連絡を取らなくなって行っているので、年月が進むと今いる友人も少なくなって行くのかなあとさみしく感じます。

 

⑤「幸せになることを諦めなければ」良かった

人は諦めるのが得意な生き物なので、無意識的に幸せになることも諦めてしまってる人は案外多いです。

基本的に皆さん幸せだとは思うんです、僕も含めて。でも、「もっと幸せになる、幸せになれる」のに諦めてしまってることがあります。「自分はこんなものだ」と。それはとても勿体無いですよね。自分で自分の幸せを決めつけてしまわないようにしましょう!

 

 では、どうすれば後悔のない人生が送れるのでしょうか?「後悔のない人生を送る方法」について紹介します!

 

まず、「1、2年後に自分が本当に死ぬとしたら、どんな後悔があるのか?」を10個書き出しましょう!「1年後」が最も臨場感が湧きやすいと思います。

次に、「特に後悔すること」上位3つを選びましょう!

3番目に、「なぜ今それをやらないのか?」の理由を書き出して見ましょう!たくさん理由が出てくると思います。「お金がない」「自信がない」「知識がない」…などなど。

4番目に、「やらない理由を解決する方法」を書き出しましょう!「お金がない→借金する、融資してもらう」などです。

5番目、「やらない理由は本当の理由ではない」と気づきましょう!「お金がない」「自信がない」「知識がない」という人は、実際にそれらがあってもやりません

人は未来に対して否定的な予測をします。それによって守られる一方で、デメリットとして「『今』行動しない」という選択をとってしまいます。今の積み重ねが未来になると思うので、「今」決めることが大事です!

もっと幸せになると「今」決めましょう!

人は切羽詰まらないと行動できなかったり、変化できない部分を持っています。僕もあります。でも、「切羽詰まった時になったら対処しよう」では遅いのです。後悔ばかりになってしまいます。

「このままでも良いのか?」というのは度々考えて、自分を見つめ直しましょう!

 


お問い合わせ、LINE@、セミナー情報などはこちらから!

友だち追加